占いを信じるべきか否か Part1

占いは特別ブームというわけでは無いですが、ニュースの最後や番組の最中などによく紹介されています。どれを見ても、1日を振り返ってみれば確かにそうだったなと思うような差し障りのない内容が多いです。しかし、外れてもそこまで本気で見ているものではないので、そこまで気にする事はないのですが、当たった時などはやはり占いは当たるものだと信用してしまうものです。なぜか、完璧に当たる事の方が少ないのに、圧倒的に少ない当たった場合の時は人間はその占ってくれた人や占い自体を信用し、言われた事をその通りにしてしまうような人も出てきたりしてしまいます。この感覚はどのようにして感じるものなのか、私ははっきりとはわかりません。確かに、私自身占いの結果が悪い日はラッキーポイントなどをなんとなくチェックしていたり、占いに書かれているやらない方が良い事などを避けたり、何かしらその日の占いに感情や行動が左右されている事もあるように感じます。

名刺用紙なら印刷屋さんにぶんのいち

品川 私書箱

蜂駆除

中野坂上 賃貸

芸能人のブログについて